ピンキーリングはプラチナで!プラチナ素材のメリット

ピンキーリングは、プラチナを選ぶと金属アレルギーが起きにくいというメリットがあります。ピンキーリングを使いたいけど金属アレルギーだからあきらめていた、という人にもおすすめです。今回は、ピンキーリングはプラチナがおすすめである理由を詳しく解説します。金属アレルギーの仕組みや発症を防ぐお手入れ方法などもご紹介するので参考にしてください。


金属アレルギーの仕組み

金属アレルギーはどうして起こるのでしょうか。まず、金属を身につけると、汗と接触するなどにより微量に溶け出します。次に、溶け出した金属が肌に浸透すると、体の防御機能が働いて侵入を阻止しようとします。このとき、免疫システムが抗体を作って過剰反応しアレルギー症状が現れます。一度抗体が作られると、次回以降同じ金属に反応するようになります。こうして金属アレルギー体質になるのです。

金属アレルギーには、さまざまな症状があります。金属が触れた部分だけ赤く腫れる・かゆみが出るなどの「局所性金属アレルギー」のほか、湿疹やじんましん、ただれ、かゆみが全身に発症などの「全身性金属アレルギー」を伴うケースもあります。症状が重い場合は、呼吸困難やショック症状が出て命にかかわることもあるので十分に注意しましょう。

金属アレルギーを防ぐには、該当する金属との接触を避けることが最良の対処策です。ピンキーリングを選ぶときにもできるだけアレルギーが起こりにくい素材にしてください。特に合金素材はアレルギーが起こりやすいので避けましょう。


プラチナは金属アレルギーになりにくい!

プラチナは、金属アレルギーになりにくいことが大きなメリットです。ピンキーリングをつけたいけど金属アレルギーが心配というのなら、プラチナ選ぶといいでしょう。アレルギーの心配が少ないだけでなく、クールで上品なオシャレを楽しめるのでおすすめです。

ただし、プラチナなら絶対に安心とも言えません。プラチナ製品には、多くの場合、パラジウムが含まれているからです。まずは、病院でパッチテストを受けてみてください。パッチテストを行い、反応が出なければ安心してプラチナのピンキーリングをつけられます。特に、合金などほかの素材で金属アレルギーを発症した人は受けてください。

また、お手入れや使い方にも気をつけましょう。使い終わったら、汗や汚れを拭き取って乾燥させておいてください。使用中に汗をかいたらそのままにせず、きちんとぬぐうことが大切です。長時間ぬれたままにするほど、金属が多く溶け出しやすくなり、アレルギーを発症しやすくなるので注意してください。


まとめ

ピンキーリングをつけたいけど、金属アレルギーが心配というのなら、プラチナのものを選ぶこといいでしょう。アレルギーが発症しにくいだけでなく、クールで上品なオシャレを楽しめます。ただし、プラチナであっても人によっては発症することもあるため、パッチテストを受けることをおすすめします。また、汗をかいた状態で長時間使わないことや、お手入れをきちんとしておくことも忘れないでください。