ピンキーリングの飾りは誕生石がおすすめ♡

ピンキーリングの飾りには、誕生石を選ぶことをおすすめします。誕生石はそれぞれ特別な意味があり、誕生月の人が身につけることで効果がさらに高まります。自分の本来の魅力や力を引き出し、幸運を引き寄せるお守りになってくれることでしょう。今回は、誕生石の意味や誕生石のついたピンキーリングをつけるメリットについて詳しくご紹介します。

自身の誕生石の意味を知ろう!

みなさんは、ご自分の誕生石の意味をご存じでしょうか? 何となく知っている人も知らない人も、一度確認してみてください。
誕生石には、それぞれに特別な意味を持っています。まずは、月別の誕生石の種類と主な意味をご紹介。(※諸説ありますが、中でも代表的なものになります。)

1月

ガーネット:勝利・貞節・友愛

2月

アメジスト:高貴・心の平和・精神の安定

3月

アクアマリン:聡明・沈着・勇敢

4月

ダイヤモンド:清純・純潔・清浄

5月

エメラルド:幸運・誠実

6月

パール:健康・長寿

7月

ルビー:勇気・情熱・自由

8月

ペリドット:平和・豊穣・幸せ

9月

サファイア:賢明・慈愛・誠実

10月

オパール:幸福・安楽・希望

11月

シトリン:金運・幸運・希望

12月

ラピスラズリ:精神の安定・幸運・決断力

自分の誕生石を身につけると、誕生石本来がもつ意味がより強くなり、高い効果が期待できると言われてます。お守りの意味としても誕生石を身につける人は多いですよね。

ピンキーリングに込められた意味

誕生石をつけたいのなら、ピンキーリングがおすすめ。元々、小指に着けるピンキーリングは幸運を呼び寄せるアイテムと言われています。自分の誕生石をプラスして、アミュレットジュエリーとして身につけると運気がさらにアップするかも♡

ピンキーリングなら、誕生石がついたものでもお手頃な価格で購入できるのも大きなメリットです。少し良いアクセサリーが欲しいときなどの、自分へのご褒美にぴったり。
男性なら、女性へのプレゼントにも素敵です。ピンキーリングなら、同じ指輪でもペアリングとは違いファッションアイテムとして贈れます。付き合ってすぐの彼女の誕生日で、まだペアリングを渡すのは早いかな?という場合や、奥様へのプレゼントとしても喜んでもらえるでしょう。

それに、小指のリングは年齢やファッションを問わずさりげないおしゃれを演出できます。華奢目のリングを他のリングと重ねづけしても可愛いのでおすすめ♪
デザインも豊富にあるので、その日の気分やファッションによって、お気に入りのリングを楽しめます♡


まとめ♡

誕生石を身につけるのなら、ピンキーリングにするのが一番効果的と言えると思います。
ピンキーリングなら、石つきのデザインでも小ぶりでさりげないオシャレができます。自分の誕生石つきのピンキーリングなら、元々の魅力を引き出し、さらなる幸運を呼び寄せてくれるかもしれません♡