ピンキーリングの飾りにダイヤを埋め込み!ダイヤの意味は?

ピンキーリングには、飾りとしてダイヤを埋め込んだものが多く見られます。埋め込まれることが多いダイヤには、どんな意味が込められているのでしょうか。ダイヤをつける意味やメリットを知ることで、選ぶときの参考になるはずです。今回は、ピンキーリングの飾りになぜダイヤが使われることが多いのかをご紹介します。選ぶときのポイントも併せて参考にしてください。


ダイヤに込められた意味

4月の誕生石でもあるダイヤモンドは、宝石の中の宝石であり、圧倒的な美しさや最も硬くて「傷つかない」」ことで有名です。また、環境変化への対応力が高くて状態が変化しないことから、「永遠の愛の証」として、婚約指輪や結婚指輪に使われることはご存じのとおりです。

そのほかにも、目標達成・強い絆・潜在能力の開花・信頼など、多数の意味を持っています。ダイヤをつけることには、ダイヤの持つ意味を自分の身にも実現したいという意味につながるのです。ダイヤには、ほかの宝石とは違う特別な存在であることがお分かりいただけるでしょう。

ただし、ダイヤは、4C(カラー・クオリティー・クラリティー・カラット)のレベルによって値段や品質に大きな差があります。購入するときは、4Cと値段のバランスをチェックしましょう。ただし、4Cが特別に優れていなくても、ダイヤが持つ意味や効果は変わらないので安心してください。


ピンキーリングに埋め込むメリットは?

ピンキーリングにダイヤを埋め込む主なメリットは、いつもつけていられることです。ピンキーリングなら邪魔になりにくいため、さりげないオシャレができます。また、ピンキーリングには、幸運のお守りという意味があることからも、ダイヤを埋め込むのにピッタリなのです。

ダイヤとピンキーリングは、どちらも幸運を呼び込むお守りです。ダイヤを埋め込んだピンキーリングなら、相乗効果により最強の効果を期待できます。願い事を叶えたい人には、最強のアイテムとなることでしょう。

中には、内側にダイヤを埋め込んだデザインもあります。外側からは普通のシンプルなデザインなので、お守りとしてつけても、ほかの人から分かりにくいという点でもおすすめです。密かな願いを叶えたい人にもいいでしょう。ピンキーリングつきのダイヤをつけて、幸運を呼び寄せましょう。


まとめ

ピンキーリングをつけると、おまじない効果を期待できます。恋を叶えたい・幸せになりたい、という人におすすめです。左手につけるか右手につけるかで効果が異なるので、自分がより強く希望するほうにつけるといいでしょう。なお、単にピンキーリングをつけただけで効果を得られるわけではありません。自分でも頑張って努力できる人にこそ、ピンキーリングの効果が発揮されることを覚えておきましょう。