クリスマスプレゼントで贈る前に「ブレスレットのサイズ」について知ろう

洋服や靴にサイズがあるのと同じように、アクセサリーにもさまざまなサイズがあります。しかし、サイズ感がシビアな指輪以外は、あまり気にしないという方も多いかもしれません。特にブレスレットについてはサイズないと思われている方も多いようです。

しかし、実際にはブレスレットにもサイズがありますので、プレゼントする際には相手の手首に合ったものを選びましょう。特に華奢な女性の場合、一般的なサイズのブレスレットでは大きすぎるというケースも多いようです。今回はブレスレットのサイズについてご紹介します。


ベストサイズは手首の実寸サイズ+1~2cm

ブレスレットのベストなサイズはどのくらいなのでしょうか? デザインによってはかなりタイトにした方が映えることもありますし、逆に大きめのサイズでルーズにつけることが前提のものもあります。

ブレスレットのサイズは一般的に手首の実寸サイズ+1~2cm程度とされています。あまりにもタイトすぎると窮屈ですし、逆に大きすぎると邪魔になってしまったり、何かに引っかかって破損してしまったりする原因にもなります。サイズの調整をできるブレスレットも多いですが、基本的にはこのサイズに合うものを選ぶようにしましょう。

特に、チャームのモチーフなどがついているものは、かなりシビアにサイズを決めなければ使いにくいケースが多いため注意しましょう。また、サイズ調整が可能なものであっても、極端に小さくあるいは大きくしてしまうと、デザインの印象が大きく変わってしまうこともあるためお気をつけください。


手首のサイズの測り方

指輪のサイズや服、靴などのサイズは多くの方が自分である程度把握できています。しかし、手首のサイズは分からないという方が多いようです。そこで、ここでは手首のサイズの測り方をご紹介します。

まずもっとも簡単にできるのは、柔らかい素材のスケールを手首に巻き付けて採寸する方法です。こちらで正確なサイズを測ることができます。

一方で、彼女の腕のサイズをこっそり知りたい場合には、普段から身につけているブレスレットや腕時計のサイズをチェックしてみるのもひとつの手段です。


まとめ

ブレスレットのサイズについてはあまり意識したことがないという方も多いかもしれません。自分で購入する際には、試着してから購入できるため、正確なサイズを知らないというケースも少なくないようです。しかし、サプライズでのクリスマスプレゼントにブレスレットを贈るなら、サイズが合わなければお相手の方が身につけられません。ブレスレットはサイズを確認して選ぶようにしましょう。