クリスマスプレゼント用の指輪はサイズ選びが重要

クリスマスプレゼント用の指輪はサイズ選びが重要

恋人に贈るクリスマスプレゼントの定番である指輪。相手をさらに驚かせるためにも、サプライズでプレゼントができたらいいですよね。
しかし、身につけるうえでサイズ感が重要な指輪は、サプライズで贈るのが難しいアイテムです。
今回は、彼女に指輪を贈るときに注意したいサイズ選びについてお伝えします。

クリスマスプレゼント用の指輪をサプライズで贈る危険性

大切な彼女に贈るクリスマスプレゼントとして、ペアリングを選ぼうと考えている方も多いのではないでしょうか? 恋人だからこそ贈り合えるロマンチックなプレゼントの定番である指輪。ところが、そんな指輪はサプライズで贈るとリスクがあるアイテムでもあるため、お気をつけください。

サプライズで指輪を贈る危険性として、サイズの問題が挙げられます。そもそも指輪は、指のサイズと合わなければ身につけられません。大きすぎても小さすぎても快適に身につけられないため、本来であればリングを購入する際には事前にサイズを確認するか、試着するのが必須となっています。

そうはいっても、クリスマス前に指輪のサイズを尋ねたり、一緒にお店へ試着をしに行ったりすれば、サプライズができなくなってしまいます。一体どうしたら、相手の指輪のサイズを確認できるのでしょうか?

相手の指輪のサイズを把握するには?

クリスマスプレゼントにサプライズでペアリングを贈りたいときは、これからご紹介するヒントを参考に、相手の方に秘密で指輪のサイズを確認してみてください。

より確実にサイズを知りたいときは、すでに相手が身につけているファッションリングを借りて、こっそりサイズを測りましょう。市販のリングゲージ棒を使えば、指輪のサイズが計測できます。

もしもファッションリングが見つからない場合には、彼女が眠っている間に市販のリングゲージで指のサイズを測るという方法もありますが、こちらは相手に気づかれてしまうリスクが高いかもしれません。

その一方で、自分のリングサイズを正確に把握している方はなかなかいないため、口頭での確認はあまりおすすめできない方法です。また、糸や紙テープなどで指の周囲を測る方法も、正確性に欠けてしまいます。可能であれば、リングゲージを用いて計測しておくと安心です。


彼女へのクリスマスプレゼントとして、サプライズで指輪を贈る際には、できるだけ正確なリングサイズを確認しておきましょう。指輪は指よりも大きすぎても小さすぎても身につけられないアイテムです。指輪のデザイン選びも大切ですが、まずは相手の方の指のサイズを把握することから始めましょう!