クリスマスプレゼントで指輪をおねだりするには?

クリスマスプレゼントで指輪をおねだりするには?

クリスマスに指輪が欲しいときは、どうやって伝えたら良いのでしょうか? あまりさりげなく伝えると、気づいてもらえない可能性があります。
また、薬指に彼氏からもらったものではない指輪をつけるといった方法も、誤解を招くおそれがあって危険です。こちらでは、おすすめの指輪をおねだりする方法をご紹介します。

リスキーな指輪おねだり方法

指輪のおねだり方法に、薬指に彼氏からもらったものではない指輪をしておく方法があります。ほかの男性の影が見えて、対抗心から指輪をプレゼントしてくれる場合があるようです。
しかし、誤解を招いてしまうおそれもあるため、あまり行わないほうが良いかもしれません。特に彼氏が嫉妬深い性格の場合は、気をつけましょう。

また、あまりさりげなくおねだりすると、気づかれない可能性があるため、ご注意ください。「記念日だから指輪が欲しい」、「彼氏がいるとひと目で分かるように指輪をつけたい」といったように理由を説明されて、初めて買う気になる男性もいらっしゃいます。指輪が欲しいと気づかれていないように見えるときは、ストレートに欲しいと伝えてみましょう。

上手な指輪おねだり方法

指輪が欲しいときにおすすめのおねだり方法には、次のようなものがあります。

おそろいのものが欲しいと伝える

指輪が欲しいとは言わずに、おそろいのものが欲しいと伝えてみましょう。
彼女からおそろいのものが欲しいと聞くと、ペアリングを連想する男性が多くなります。クリスマスが近づいたときに話題に出してみてください。

先にアクセサリーをプレゼントする

先にアクセサリーをプレゼントするのもおすすめです。アクセサリーをもらうと、お返しに指輪をあげようと考える男性もいらっしゃいます。
似合いそうだったから、好きそうなアクセサリーを見つけたからといった理由でプレゼントしてみましょう。

彼氏の前で友達の指輪を見せてもらう

ペアリングを着けている女友達に協力してもらう方法もあります。
彼氏や友達と一緒に過ごしているときに、友達に指輪を見せてもらい、聞こえるように羨ましがってみましょう。話の内容が彼の印象に残れば、指輪をプレゼントしてくれる可能性があります。


クリスマスプレゼントに指輪が欲しいときは、おそろいのものが欲しいと伝えたり、ペアリングを着けている女友達を羨ましがったりといった方法がおすすめです。
さりげなく伝えても気づいてもらえない場合は、ストレートに欲しいと言う方法もありますが、突然まとまった指輪代が必要になると焦ってしまう方もいらっしゃいます。予算を教えたり、もう少し先で良いと伝えたりして、安心材料を作っておきましょう。