遠距離恋愛、長く続けるための秘訣とは?

遠距離恋愛、長く続けるための秘訣とは?

カップルにとって、2人の間に距離が空いてしまうことは大問題ですよね。確かに、遠距離恋愛は会えないぶん不安が増えてしまうこともあるでしょう。
しかし、遠距離恋愛をしているカップルのうち三組に一組は結婚までたどりついているというデータもあります。遠距離でも関係を長続きさせる秘訣についてまとめてみました。


遠距離恋愛を長続きさせるために大切なこと

不安な気持ちは正直にぶつける

離れていれば、どうしても相手の浮気や心変わりが気になるもの。そんな時、無理して気にしないふりをしてしまうと、相手は「自分がいなくても平気なんだ」と寂しい気持ちになったり、罪悪感もなく浮気を繰り返してしまったりします。
不安な時は、我慢せずその気持ちを相手にぶつけましょう。もちろん、感情的になって責め立てるなんていうのは論外ですが、真剣に気持ちを伝えれば、きっと想いは届きます。

時間を作って会いに行く

遠距離恋愛の場合、相手の住んでいる街や関わっている人たちを知っているかいないかで気持ちに大きく差がつきます。
「何も知らない」からこそ不安になるのであって、どんな風に過ごしているのかを知れば落ち着いていられるのです。それに、自分という存在を知らせれば、ライバルの牽制にもつながります。

相手に依存せず、自分の時間を大切にする

遠く離れて会えない恋人を想って、落ち込んでしまう…。気持ちはわかりますが、恋人に依存しすぎてはだめ。せっかくなら一人の時間を有効に活用しましょう。
ボディケアやトレーニングの時間にしたり、映画や読書などリフレッシュをして会えない時間を過ごせば、次に恋人に合うときは更に素敵な自分になっているはず。

金銭的負担が偏らないようにする

遠距離恋愛中は、一度デートするだけでも交通費などがかさみます。たとえば、彼女のほうが彼に会いに行ったら次は彼から会いに来てもらうなど、金銭的にも気持ちの面でもそういったバランス感覚が大事なんですね。
コミュニケーションはもちろん、互いに自立して適度な距離感を保ちながらも、お互いへの思いやりを欠かさないことが大切なようです。

遠距離恋愛だからこそ、会える時間が大切なものに

遠距離恋愛中、ほぼ6割の女性が彼と月に1回以上はデートしているそう。遠距離といってもその距離はまちまちですが、それでもある程度定期的に会う時間をとると気持ちを長続きさせやすいのかも知れません。
また、遠距離恋愛中のカップルのほうが、近くに住んでいてすぐに会えるカップルよりもたまのデートを楽しみにしているはず。なかなか会えないからこそ、デートの有り難みを忘れず、いつも新鮮な気持ちで恋人と接することができそうです。